動物用X線撮影装置 T-MAX LITE


短時間撮影&省スペース設置を可能にしたハイエンドモデル

T-MAX LITEは、最大管電流120mAの高出力・コンパクトな設計で、動物病院のX線撮影室やオペ室での撮影に最適な動物用X撮影装置です。
シンプルな操作性とAPRモード機能の標準搭載により、やさしく正確な撮影をサポートします。

用途に合わせた設置例

手術用照明灯との組合せ

X線支持装置との組合せ

※手術用照明灯/手術台/X線支持装置は、システム構成には含まれません。
※高電圧制御部の設置場所は、運用によって異なります。

高出力設計で、撮影時間を短縮

最大管電流 120mAの実現により、撮影時間の短縮や動物のストレス軽減にも貢献します。

バッテリー&インバータで安定した出力

特殊平滑回路によるインバータ方式の採用によって、リップル(脈動率)のほとんどどない安定したX線出力を実現しました。これにより不要な被ばく線量を低減し、短時間でより安全な撮影を可能にします。

コンソールパネル

撮影する動物の種類・サイズ・部位・撮影方向を選択するだけで、コンソールパネルに搭載されたAPRモード機能が最適な撮影条件(kV・mA・mAs/sec)を瞬時に呼びだします。
壁付け設置が可能な独立型&コンパクト設計を実現したことで、X線撮影室やオペ室など限られた空間でも省スペースで設置できます。

仕様

X線撮影装置部

定格出力
管電圧
管電流
mAs
電源
5.6kW
40kV~110kV(1kVステップ)
25mA~120mA
0.3mAs~100mAs
単相100V/50~60Hz



承認番号:農林水産省指令 29動薬第3263号

システム構成

高電圧制御部
高電圧発生部
X線制御器部(コンソールパネル)
X線照射用フットスイッチ

寸法図(単位:mm)

T-FOCUS 100

コンソールパネル

高電圧制御器

Copyright (c) AIIM JAPAN GROUP.All Rights Reserved.